前へ
次へ

歯医者の治療内容で保険の対象が異なる理由

日本では医療保険制度が充実していて、原則的には国民の全てが医療保険の資格取得者になっています。この保険に関しては種類があり、その種類によって保険料や対応に違いがありますが、医療機関を受診した際の支払い金額については保険が摘要されるので、全額を負担する必要はありません。これは歯の治療で受診する歯医者でも同じですが、他の医療機関でも行われている保険の対象になる治療とならないものが存在しています。歯医者では治療を行う前に保険の範囲内の治療をするのか尋ねてきますが、ここで保険の範囲に含まれない治療を行うと全てを負担することになります。歯医者で保険の範囲に含まれない治療の代表例は虫歯治療で埋め込む義歯の種類です。義歯についてはどのような材料を使うのか患者に対して質問してくるので、そこで自分の希望を伝えるようにしてください。他には近年になって注目されている人工歯根を埋め込むインプラント治療も保険に該当しない治療法であり、一般的に高額になっています。保険というのは所轄官庁である厚生労働省が決定していて、現在は該当していなくても将来的には保険の対象なる可能性がありますが、現在は対象外であれば保険が摘要されずに全額自己負担になるということは認識しておく必要があるでしょう。

Page Top