前へ
次へ

歯医者で指摘され続けた息子の歯並びについて

現在8歳になる息子は赤ちゃんの頃から指吸いをすることが癖になっていました。検診がある度に指吸いをやめ

more

歯科医院で歯医者からアドバイスをもらう

歯の病気などになった場合は、歯科医院で検査や治療をしていくのが一般的です。そこで、例えば虫歯になった

more

理想的な歯医者はこんなところです

昔から色々な歯医者がありますが、今はコンビニエンスストアの数よりも多いと言われています。これだけ多く

more

歯医者での歯科検診の大事さ

口の中の健康を維持するために歯医者で検診を受けることはとても大事なことです。私は中学生の頃に歯科検診を受けて以来20年ほど歯医者に行かずに生活してきました。結婚して妻から勧められて一度検診に行くことにしました。歯医者というと病院に入ると同時に感じる独特の雰囲気が苦手でしたが、今の歯医者ではそんな雰囲気はなく、患者がリラックスできるように整備されていました。診察室もパーテーションで仕切られた個室となっており、周囲を気にすることなく過ごせます。正直なところ、痛みなどの違和感を感じることなく生活をしていたので、何のトラブルもないだろうと自身を持っていましたが、実際に検査をしてみると抜歯のひとつ手前まで進行した虫歯がありました。当然治療が必要となりました。ただ、虫歯だから絶対に痛みなどの症状が発生するとは限らないことを知りました。治療については、どのような治療を行うかなどの説明が細かく行われます。人工の被せ物が必要だったので複数回の通院が必要となりました。実際の治療は無事に終わりましたが、歯科医師からは見つかってから治すことよりも、虫歯にならないために予防していくことが大事ということを教えてもらいました。やはり定期検診は大事なことであることがわかりました。また、歯のトラブルというと虫歯ばかりイメージしていましたが、大人になると歯周病についても予防する必要があることがわかりました。歯周病は歯に付着する汚れが長期間溜まることで発生します。歯に付着する汚れは歯ブラシだけでは取り切れないこともあります。そのため、定期検診で歯の異常の有無の確認とともに歯のブラッシングを行います。定期検診の頻度は3ヶ月に一度程度でいいので、受診することが大事と感じました。最近では夜遅くまで、あるいは土日でも診察している歯科もあるので、普段仕事で時間を作りにくい人でも受診しやすい環境は整えられていると感じました。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top